2016/03/02

お雛様のごちそう

ひな祭りイブです。お雛様ではなく人間様の都合で

今日ちらし寿司を作りました。
IMG_2006.jpg
 









材料が揃って後は混ぜるだけ。

右下のきゅうりは甘酢漬け。これをしぼって混ぜると

パリパリした食感がアクセントになっておいしいんですよ。

きゅうりの左は刻みうなぎ(生協)ですが

最近はひとパックの量が少なくなって混ぜ込むと

かすかに味はすれども・・・です。

IMG_2009.jpg










完成。お雛様にもご馳走をお供え。
IMG_2011.jpg
    








義母が段を付けて飾り直してあげていました。

おや? 女雛が口元を隠しています。

歯が抜けたって?




では、また~。



2016/03/02

春の香り  デトックス料理 2

春のこの時期は1、2度食べている「うど」。

IMG_2005.jpg










独特の香り。「春だわ~」と感じます。

皮はきんぴらに(小鉢の茶色いの)。しっかりした食感で

「繊維をとっているな~」と感じます。

穂先は天ぷらに。

ウドは酢味噌和えにしましたが、色合いが寂しいので

今回、パプリカを彩りに。これが結構酢味噌に合うんです!

新たな発見! 酢味噌以外にも胡麻ドレッシングでも

いける。

ウドが残ったらお味噌汁もおいしいですよ。

右下はオクラと山芋の即席漬け。
IMG_2003.jpg






オクラをさっと湯がいて山芋と即席漬けを入れて揉み揉み。

この日手巻き寿司だったのでこれはほぼおつまみ用です。


では、また~。



2016/02/26

春の香で体もシャキッと!

蕗味噌を作りました。
20160226204102386.jpg









ゆでてアク出しした後細かく刻み味噌とみりん、砂糖を

合わせたのと和えますがうちの場合は酢も加えます。
20160226204314a5c.jpg





解毒作用があるといいます。

独特の苦味でいかにも毒素が出そうです。

蕗味噌といえばこの間読んだ湊かなえ著「往復書簡」

の中の「二十年後の宿題」に出てきました。
20160227131455cd4.jpg















ご存知かもしれないですけどこの物語は吉永小百合さん主演の

「北のカナリアたち」というタイトルで映画化されています。

私は映画は見ていませんが原作はとても良かったです。

ちょうど来週29日(月)BS朝日で21時~放送しますよ。

原作との違いをみてみたいと思います。


では、また~。



2016/02/04

アカマヤーマイ

「アカマヤーマイ」って書くとなんだかおまじないのようですが・・・・・・。

↓これです。
IMG_1992.jpg










完全無農薬の古代米(黒紫米)でもち米。

ヤマネコ印なので「アカマヤーマイ」というネーミングのようです。

白米に対して一割程度混ぜて炊きます。
IMG_1993.jpg










もう少し多目にするともっと赤くなります。

お手軽でとってももちもちしていておいしい!

ポリフェノールも豊富に含まれているそうですよ。

パッケージ裏には

【安心は嬉しい。
安全は美味しい。
島の恵みに感謝しながら
完全無農薬で
大切に育てました。】

と書いてあります。

美しい自然や貴重な野生生物が

いつまでもそのままでありますようにと願いたいです。
IMG_12212.jpg










では、また~。








2016/01/16

食卓も春のよそおい

さやに入ったグリーンピースを買ってご飯を炊きました。

剥いてあるのもあったけどさや付きのほうがいい色な気がします。
IMG_1859.jpg

IMG_1860.jpg



















こちらは絹揚げのねぎ味噌焼き。

甘味噌を作ってネギを混ぜて絹揚げに載せた上に

トロけるチーズを乗せてオーブントースターで焼いたお手軽つまみ。

グリーンピースご飯がなんとも春っぽくて香りも味も好きです。

夫は喜びませんが。・・・というか食べません。

グリーンピースは男性の方が苦手な方が多いような?

息子も嫌いです。

その息子も3、4歳の頃、菜ばなの胡麻和えややウドのぬた、

グリーンピースご飯などがテーブルに並ぶと

「春らしいね~」と言ったのを思い出します。

幼い頃の素直で豊かな感性は何処へ行ったのだろう?

というくらいいまは感情表現が乏しいです。

表面に出さないだけなのか? 

おとなになったということでしょうか?

ちょっと寂しい。


では、また~。