フットローラー 持っているのに使わないのはもったいない

2017.06.25(Sun)

『バレエとヨガ』 Comment(2)Trackback(0)
ヨガの先輩先生のブログでフットローラーの記事がありました。

私もバレエの時持ち歩いているのですが

あまり活用していませんでした。

私のはもう20年くらい前のグリシコ社製のもので

このタイプは今は見かけません。
IMG_2488.jpg
IMG_2487.jpg
バレエでも土台である足裏が硬くなっていたら

足裏が使えないばかりでなく美しい姿勢は

作れませんよね。足裏は全身とつながっています。

官足法の指導者でもあるヨガの先輩先生のブログでは

足のツボの観点から書かれています。

足の外側の側面は肩関節から腕、肘、膝の

反射区なのでここをほぐしておくと

バレエでもポールドブラが柔らかく使えると思います。


痛みを感じるところが凝り固まっているところです。

痛くてもコロコロしていると肩周りから

僧帽筋のあたりの血行が良くなってぽかぽかしてきます。

腕の可動域も広がりやすくなります。

もう一つのバレエ用グッズを足の凝りで考えてみました。


バレエ教室の先生のおすすめで大人クラスで注文。

もう半年くらいレッスンのたびに装着しています。

皆さん結構足が痛いと言ってますが

私は最初から全く痛みもなく締め付け感も

感じないのでつけているのを忘れるくらい。

自分では足つぼをやっているおかげかなとも思いますが・・・・・・。



商品情報では
______________________________
足底筋とアキレス腱が伸び過ぎるのを防ぎ、正しく安定した状態が保たれるのでポワントワークが向上します。
足裏にかかる重心を正しく導くことで、姿勢も正しい状態に保たれます。
足底筋膜炎をはじめとするケガの予防や起こってしまった怪我の回復のサポートにもお使い頂けます。
素足でも各種シューズと組み合わせても使えます。
※トウシューズと併用の際は先生にご相談するなど、十分に注意してご使用下さい。
慣れるまでは筋肉痛が起こる可能性もありますが次第に治まります。
1回のレッスンのうちまずは30分の使用からはじめて少しずつ延ばして下さい。
最長で2時間以上は使用しないで下さい。

(カペジオHPより引用)
______________________________
とあります。

締め付けられる部分がちょうど官足法でいう腕の反射区になります。

このバンドをしていて痛みを感じる方は

その部分をフットローラーなどで揉んでみると

きっと痛いと思います。よく揉むといいですよ。


痛みがあると痛いほうに気がとられてサポート

されるどころではなく苦痛だけですよね。

いつもほぐして老廃物を流せば痛みもなくなり本来の目的で

使用効果も得られるのでは?

では、また~











pagetop ↑

交感神経と副交感神経

2017.05.27(Sat)

『バレエとヨガ』 Comment(0)Trackback(0)
もう10年以上も前の事。

血流が悪く皮膚科に通っていた頃の話。

院長先生「何か運動されてますか?」

「バレエをやっています。

でも最後まで手足が冷たいままなんです」

看護師さん「そうなのよね~。なぜかバレエって

手足だけ冷たいままなのよね~」

と言ってポーズを決めました。

??

なんと看護師さんもバレエを習っている

ということでしばし話が盛り上がったのでした。



今思うにバレエでは交感神経が優位になっているのです。

上手な方やプロの方はわかりませんけど。

私の場合は緊張状態。

体の隅々まで使うべく(使えているかどうかは別として(笑))

神経を集中して筋肉もフル稼働して。


交感神経が優位となると血管も収縮して手足が冷えてくる。

レッスン後自律神経のバランスが戻ってくれば

いいのですが。

私の場合は自律神経のバランスが乱れて

いたようで皮膚科に通ってもなかなか冷え性が

改善しませんでした。
021005.jpg



ヨガを初めて7年ほど。

ヨガをしていると手足がぽかぽか暖かくなります。

血流もここ最近やっと改善してきました。

ヨガ⇔バレエこれからも

バランスよく続けていけたらと思います。


最近ではバレエは脳トレ状態になっていますけどね。

では、また~





pagetop ↑

年齢とともに衰えるのは仕方ない  でもあきらめない

2016.11.26(Sat)

『バレエとヨガ』 Comment(2)Trackback(0)
おとといのバレエで。

発表会で踊るバリエーションを

練習していた時「グラグラしている」

と注意されました。

練習中もそういえば「付け根、付け根

(股関節の事)」と言われて。

柔らかいのでストレッチやほぐしを

しすぎたりするとバランスが取れなく

なるほどグラグラしてしまいます。

先生曰く「年齢的に筋力が落ちてきているから

腸腰筋を鍛えるトレーニング

をしたほうがいい」
a1150_000772.jpg
(イメージ:写真素材「足成」)
筋トレは苦手。

ヨガでトレーニングをしたいけど

自分のために行っているレッスンは月いち。

ならば自分のためのメニュー

を自分でやるしかない。
a1180_014652.jpg
(イメージ:写真素材「足成」)
ということで昨日。

午前中ハイランジポーズを中心に

ダウンドッグから片足上げで半歩ずつ前進したり

太陽礼拝の連続ポーズにハイランジを入れて

おこなったり30分ほどトレーニング。

上半身と下半身を一つに統合できて

腸腰筋が鍛えられるというものを

メニューのメインに。

その後午後のバレエに出かけました。

バーレッスンでは先生が立ち方から

注意深く見て指導いただきました。

「動きがバラバラになっていない。

少し気を付けるだけで全然違うから。」

とか「今日はぐらついていない」と

言ってもらえました。

午前中のトレーニングの効果も

あったと思います。

ただ、続けないとね。

それが一番の問題です。

やりすぎて今度は体を壊したら

元も子もないのでほどほどに。ですね。



では、また~









pagetop ↑

疲れがたまってくる週の後半・・・あと2日頑張りたい

2016.07.28(Thu)

『バレエとヨガ』 Comment(2)Trackback(0)
バレエとヨガを終えてやれやれ

いつもはティータイムなどしないんですけど

梅雨明けの今日、気温も上がり喉が渇いて

ほっと一息つきたい気分
IMG_2305.jpg











ゴーヤバナナジュースをつくりました

窓からゴーヤカーテンを眺めながら生き返った気分



あと2日は頑張れそう


IMG_2304.jpg










我が家のブルーベリー、大収穫(1キロ超え)

義母が半日かかって収穫したそうで

私はその間バレエで踊っていたわけで

なんだか申し訳ない気分になりつつ

感謝の言葉

ジャムにするのもおまかせ

「おいしい~」と感謝の気持ちを込めていただきま~す





では、また~


pagetop ↑

バレエとヨガの間で  老いとの葛藤問題!?

2016.07.01(Fri)

『バレエとヨガ』 Comment(0)Trackback(0)
バレエ

この間レッスンの後、恒例? のよもやま話をしていた時。

先生から「もっと抜いてレッスンしたら?」と言われました。

まだまだ若いもんには負けるものかと

無理しているように見られていたみたいで?

確かにレッスン半ばでかなり疲れてくるのは確かですが。

頑張りすぎということ?


教室では私が最年長。

だから私より若い人と競って足を高く上げようと思ったり

高く飛ぼうと頑張るのではなく

気持ち的に妥協して踊ることも必要じゃないか? 

と。




私より年上でも現役で踊っていらっしゃるプロの方がいらっしゃいますが

足を高く上げたり高く飛ぶことを考えず、抜いてなお

美しく踊るには確固たる基礎と技術があってこそ

だと思います。プロだからできること。

趣味の大人バレエはというと・・・

抜いたら今でも伸びきっていないひざはさらに曲がり軸もブレかねない? 

そうでない方もいらっしゃるでしょうけど

私は抜くと全部抜ける(笑)。

35歳ですでに体力下降の年齢から始めて20年以上。

それでも続けていればそれなりにあるところまでは

のびしろはあったのだと思いますし思いたいです。

今では衰えないようにするのが精いっぱい・・・かな?


ずっと長く続けていているのにそれでも10年前と比べてみると

筋力は確実に落ちています。

続けているからこそそれがわかるとも言えます。



ここらで徐々にヨガにシフトしたほうがいいのか?

とちらりと頭をよぎりました。


ヨガ

始めたのはバレエからさらに遅れを取ること17年。

慢性的な腰痛・肩こり・首こりでもうバレエは限界かと思っていた頃

ヨガに出会いました。

ヨガを始めてからはバレエのレッスンも

以前より数段楽になりました。

腰痛、肩こり、首こりも今では自分で何とか対処できます。

年を取ってヨガを始めるもバレエのおかげで柔軟性はあった分

ヨガのポーズも楽でした。

それでも上級となると出来ないポーズはまだまだありますけど。




ヨガは年齢に関係なく練習次第で上達していきます。

開脚など70歳を越えた方でもできるようになるといわれています。

でも反り系のポーズは年齢が行くと練習しても限度があるようです。


はっきり言って自慢話になりますけど(笑)

アラ還ではありますができなかったポーズを地道に

挑戦していたところある日、出来なかった反り系

ポーズを突然クリア出来ました!

鳩の王のポーズ
img010 (2)













背中が固いし、年齢的にも柔らかくなりにくい。それが出来た!

その瞬間脳が混乱したような感じ。「えっ? なんだった?」

その後何とも言えない喜びがふつふつと。一人でにやけました。

出来たことでまた次への励みになるでしょう。




そういえばバレエは今ではこういうことがなくなってきました。

もう伸びしろはないのかな?

与えられた課題:抜いてなおポジションから外れないように

楽に踊れるように。

課題がある限り、まだもう少しは続けられそうな気はします。



最初に習っていたバレエ教室の先生に

「あなたは60歳までは踊っているのが

見える」と言われました(預言者かい?)

60歳? ずいぶん先の話じゃない? 

と思っていたのだけれど・・・・・・。

振り返ってみると人生なんてあっという間に過ぎるんだな~。



精一杯やりつつがむしゃらではなく

視点を変えてレッスンしてみようと思います。難しいでしょうけど。

なおかつ楽しみながらね。


では、また~。

pagetop ↑

▼ 最新記事
▼ カテゴリ
▼ 最新コメント
▼ プロフィール

m・kakipee

Author:m・kakipee
相模原市中央区田名でヨガ教室を開いています。その他バレエ衣装(アトリエチュチュ)も作っています。バレエとヨガの日々。そんな私の日々の出来事などよろしかったらお付き合い下さい。

▼ 検索フォーム
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2017 m・kakipee all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.
まとめ