2019/02/18

時間がたつのを忘れる

午前中ゼンタングルを描いていました。

宝石の次は水滴が描きたくて。

透明に見えるように描くぶん私には宝石より

難しい気がします。

初めて描いてみたのはあまりにひどくて

お見せできません。

せっかく描いたゼンタングルの上に描くので

描けない場合は元のも没になります。

色々なサイトを見て練習しました。
img010 (2)
こんなにまじめに絵を描くのは美術の授業以来。

というか美術の授業でもこんなに

真面目に描いたことはなかったです。
img009 (3)
水滴が4滴垂れているのですが・・・

土台のゼンタングルの花の形がいびつになったし

他にも何か所も思い通りにいかなかったので

(ゼンタングルに「失敗」はないと言われるけど)

水滴がうまくいかなくともまぁいいわという

気軽さもあって思いきって描きました。

今日はヨガ教室でお昼には家を出るのですが

夢中で描いていたらあっという間に

時間が来てしまいました。

出かける前は気を付けなければ。

img007 (2)
Fragments Februaryのイベントの別枠で描いたら

なんだかとても和風な感じになりました。




では、また~
2019/02/05

待ちに待ったのが届いたうれしい日

アメリカからAir Mailが届きました!

ゼンタングルの公式タイルが当たって

送られてきたんです!

送り主の認定講師さとういずみさんはサンディエゴ在住だそうです。


毎日ポストをのぞき込んでは

まだか、まだかと待ちに待ったAir Mailでした。

ゼンタングルのタイルが当たったという

ブログはこちら
P_20190205_165713.jpg
今まではスケッチブックで描いていました。
P_20190205_210505.jpg
インクが乗らないというか新品のペンで描いても

インク切れ?というかすれ感があって。

そこでこちら↓が水彩絵の具などにいいという

情報でAmazonで買ってみました(1冊626円)。

ウィンザー&ニュートン コットマン スケッチパッド。
P_20190205_211345.jpg

P_20190205_212045.jpg
右端にある四角い用紙は公式タイル。

紙質が細目・中目・粗目と3種類あって

こちらのグリーン系の表紙は中目(Medium)になります。

特徴は


初級者から上級者まですべての水彩ユーザーの皆様に安心かつリーズナブルにお使いいただける水彩紙として誕生しました。
〇髪の色はナチュラルホワイトで、絵の具の発色が非常に鮮やかです。
〇適度なにじみ止め効果(サイジンング)があるので、簡単に、きれいなぼかしができます。
〇紙面の張りも強く、水を含んだ時の波うちが起こりにくくなっています。
〇表面強度が強いので、消しゴムによる毛羽立ちやマスキング等での紙剥けが起こりにくくなっています。

●中目用の毛布目を使用した、自然な風合いで使い勝手の良い紙肌です。
●水彩絵の具、アクリル絵の具、鉛筆、色鉛筆、ペン、カラーインク等に最適。


とあります。

これも今日届いたばかりなので

書き心地はまだ試していませんが

B5で15sheets。早く試してみたくてうずうずしています。

一枚で公式タイルが約6枚取れます。

公式タイルと比べるとコットマンのほうが若干厚みがある??

色は同じ(ナチュラルホワイト)です。
img003 (2)
img004 (2)
新しい用紙&公式タイルを使うことで

線がきれいに描ければいいんだけど・・・

では、また~
2019/02/01

2月のイベント

ゼンタングルの2月のイベントのことです。

一つはバレンタイン月なので

ValenTangle (バレンタングル)。

バレンタインに向けて描くというイベントで

オランダのゼンタングル認定講師

Marguerite Samamaさんが始めたイベントだそうです。

内容・お題はFacebookの非公開グループ

「Valentangle 2019」で見ることが出来るそうですが

こちらは私には敷居が高そうで。

もう一つはFragments February

毎日一つのフラグメンツを4マス×

28日分描くというイベント。

こちらは以前ブログで紹介したさとういずみさんが

始められたもの。

HPから用紙とフラグメントチャレンジリストが

ダウンロードできます。

私もチャレンジ参加しています。
img007 (2)
インスタグラムでは他の国の方たちの

投稿も見られます。同じイベントに遠くの

知らない人も参加していると思うとワクワクします。

何を描こうか迷ったり決まらない時は

こういうイベントがあると本当に楽しいです。

「今月はバレンタイン月だからハートを使って描く。」

など自分的にお題とすると描きやすいです。
img002 (2)
初めてハート部分を宝石風に塗ってみました。

右端2つは一番最初に塗って失敗。

あ! ゼンタングルに失敗というのはないのでした。

じゃあどう表現すればいいのでしょうね?

ぐちゃぐちゃ・・・?かな?



丸く描くのはゼンダラと言います。

最初は難しそうでとっつきにくかったんですが

慣れてくると同じ繰り返しを描くのでこのほうが

描きやすい感じがします。

もっと線をきれいに描けたらと思うのですが・・・

Fragments February 1か月やり通すと

何か気づきがあるかもしれないということですが

線がきれいになればうれしいなと思います。

では、また~

2019/01/28

部分を変えただけで全く違ってくる

バレンタインっぽいゼンダラを描きました。
P_20190128_163802.jpg
何のことはないハートを入れた・・・

ただそれだけなんですが。

バレンタインはピンクのイメージですけど

ピンクは苦手な色なのでブルー系で。

中心のゴールドの魔法陣のようなのは

ratoonというんですけどはたして描けるかどうか

不安だったので100均コースターで描いてみました。
P_20190128_155657.jpg

滲みまくってうまく描けないので嫌になり

描き上げたもののぐちゃぐちゃです。

気を取り直して描き直したのが最初のもの。

同じように描く予定がMeringueという翼のようなのを

やめたら全く違うのになりました。

結果的に良かったです。


この間紹介したゼンタングルの本

「小さなピースで楽しむゼンタングル」の著者

さとういずみさんのHPでアンケートを行っていて

応募したらなんと!

ペーパータイル白4枚が当たりました。

まだ公式タイルに描いたことがないので

届くのが楽しみです。

これをきっかけにますますはまりそうです。

では、また~


2018/12/04

コースターと丸氷

最近ダイソーの紙コースターを買ってゼンタングルを描いています。
P_20181204_134524.jpg
今までスケッチブックに描いていたんですけど。

ゼンタングルは紙をグルグル回しながら描いたりするので

スケッチブックでは回しにくい。

かといって公式タイル(用紙)はまだ敷居が高い。

そこで100均で売っていた丸コースターを買って描いてみました。

描いてから実際にも使えるように

撥水加工をしました。

最初、100均のアクリルスプレーのクリアタイプを

吹きかけてみたんですけど水を掛けたら

染みてしまいました。

ホームセンターなどで売っている防水・防汚スプレーが

家にあったので裏表吹きかけてみたら

コップの水くらいならば大丈夫そうです。

実際に使うかどうかはわかりませんが

本来の目的でも使えそうです。


この紙のコースターは描くとかなりにじむので

要注意ではありますが。


今度はカラーペンで描いてみようと思います。


P_20181204_133123.jpg

そしてこの間丸氷が作れる製氷器を買いました。



庭に出ているミントの葉を入れたりして10個くらい製氷しました。

直径60mm、結構大きいです。

今日みたいな12月なのに変に暖かい日には

ロックの焼酎がおいしく感じます。


丸氷は氷も長持ちするし見た目もいい雰囲気。

自分で描いたコースターを敷いて。

ほっとする時間です。

では、また~