2018/05/22

やせ型でも安心できない

昨日は年一度の健康診断。

結果は後送ですけどとりあえずの所見では

別段悪いところはなさそうで一安心

ではありますが・・・。


ただね~、BMI値はむしろ減っているのに

毎年腹囲だけが成長していくって

どういうこと? (もちろん腹筋も前よりやってるんだけど)



ヨガの生徒さんで痩せ型で糖尿病予備軍

となってしまった方にこの間「筋トレ教えてください!」

と言われました。


食事に気を付けていたにもかかわらず数値が全然

改善されてないからお医者さんに「筋トレしなさい!」

と言われたそうです。


お母様も糖尿病だそうでもともと

遺伝的な要因もあるかた。

たまたま見たヤフーニュースにも痩せた女性に

糖尿病のリスクありと書かれていました。

ヨガでは呼吸法によりストレスホルモンが減少し

細胞が活性化することでインスリンの分泌を

促すと言われています。
yoga.jpg
(写真はお借りしました)

ヨガのポーズにも活発なエクササイズの要素の

動きもあり筋トレも加えつつの1時間半ですが

週一回のレッスンなので

出来ればご自宅でも毎日筋トレだけでも

続けていただければと思うんですけど。

「絶対薬は飲みたくない!」と言ってらしたから

頑張れるにちがいない!



では、また~

2018/02/22

生涯現役でいたいよね~

春はデトックスの季節。


ということで昨日のヨガはデトックス効果の高いポーズを

メインに行いました。

締めのポーズにラクダのポーズ(ウシュトゥラ・アーサナ)。

すかさず「あ~、このポーズ、苦手~」という声。
このクラス、心の声が素直に声にあらわれる楽しいクラス。


そう、苦手な方が多い。

さてと、

ほぐしにかかりましょ。



一度腰に手を当てた軽減ポーズで見てみると

背中を反らすことは大丈夫そう。

肩甲骨周り、肩回り、胸が硬くなっているので

手がかかとに届かない。

タオルを使って肩回りをほぐす体操を

一度行って「うーん、硬いね~」。

肩関節周りと肋骨を丁寧に指先でほぐして。

「ひ~、痛~い」。

そして再度タオル体操。「だいぶいい感じ」。

次に足の甲の胸の反射区揉み。

胸が開きやすくなるツボです。

「あ~、痛~い」。


さて、もうだいぶほぐれたかな?


そして再度、ラクダのポーズ。

「わ~、かかとつかめた~!」と喜びの声。

完成ポーズが必ずしも目的ではないですが

出来なかったポーズが出来るようになるって

とてもうれしいことですよね。

それと同時に「あ~、体のあちこちが

すごい伸ばされた感じ」

というご感想でした。

体の前面がしっかり伸びたようです。

「普段からテレビを見ながらでも

体のあちこちをほぐすのを習慣にしてね」

とお伝えしましたけど。

ヨガではなくてもほぐしを習慣にすれば

体が柔らかくなり血流やリンパの流れも

スムーズになってむくみも

とれやすくなるのですけどなかなか

習慣化するのが難しいようです。


少しでも若い今のうちに習慣にして

いただきたいものです。

若々しさを保つためにもピンと伸びた

姿勢と柔軟性は大事。


そうそう、この間ネット検索をしていて

たまたま見つけたすごい人!

99歳の現役ヨガインストラクター。

なんと!ハイヒールを履いていらっしゃるではないですか!

出来ること、出来ないことを年齢で

決め付けないそうです。

彼女を見たら出来ないなんて言いわけ

出来なくなくなりますね。



もちろん若い時と同じという訳には

いきませんけど。

挑戦し続けることが大事。

生涯現役、目指したいです。


では、また~
2018/02/10

自分へのご褒美が届いた♪

なんのご褒美? と聞かれると・・・?

忙しくいつも頑張る自分に体をいたわって

健康で、元気で仕事が続けられるように

かな?

P_20180210_110928.jpg

新しいヨガマット。

ジェイドヨガ ハーモニープロフェッショナル
下に敷いているのが古いマット。



ヨガマットは自分の教室用と持ち歩き用、自宅用と3枚。

自宅では主にフローヨガをやることが多いんですけど

これまでのマットは滑って踏ん張れないし集中できない。

筋を痛めそうだなと思ってました。

もう、年齢が上がってくると一度痛めたら大変。

長引きますからね。

自分の体は自分でいたわってあげなければ。


このマット、グリップ力がすごいです。

厚さ4.8mmですけどクッション性もいい。

広げた途端フラットになってくれます。

自宅使いだけではもったいないほど。

でもしっかりしているぶん持ち歩くにはちょっと重いかな?

99%ラテックスフリーということですがゴムアレルギーの方は避けたほうがいいようです。

これでまた楽しく集中してフローヨガができます♪

しっかり踏ん張れる分筋力もアップできると期待して。


では、また~


2018/01/23

足元の悪い中の参加に感謝

今日のヨガクラスは最年長が85歳の

シニア中心のヨガ。

車で行くのですが教室の駐車場が雪で

停められないかもと思い歩いて行きました。

歩いて15分位のところ。

いつも歩こうと思いつつも火・木曜日は午前中バレエ。

帰ってくると12時半。

昼の用意をして食べると、もうくつろぐ暇もなくヨガに

出かけなくてはいけなくて、近いのに

ついつい車で行ってしまうのです。


今日は雪のためバレエに行けなかったので余裕たっぷり。

実家の母(85歳)もヨガに来ているので車の時は

ピックアップして行くんですけど

今日は歩いて行くとメールすると

それでは休むという返事。

シニアクラスは自転車か歩きの方が

ほとんどなので雪のため足元が悪いから

お休みが多いだろうと思っていたら

お休みは一名だけ。

休むと言っていた実家の母も

なんと! 歩いてきたのです。

30分かかったといいます。

休むと言っていたしまさか歩いてくるとは。

毎日歩くようにしているので歩けたんでしょうが

さすがに驚きました



運動しようという意欲があるので皆さんお元気です。

少しずつでも体を動かしていると

体調も整ってくるのでお休みする方は少ないです。

体調が悪く出来るかどうか不安だったという方も

ヨガの後にはすっきりしたと言って帰られます。



来ていただいた方に心も体もすっきりしていただけるように

今日も感謝しつつヨガをさせていただきました。


では、また~








2018/01/08

体の冷えを感じて温活

年末から冷えと腰痛を感じつつ

お正月準備に慌ただしく

元日からは飲みすぎ・食べ過ぎで

体のメンテナンスは二の次の日々。


いよいよ体の芯からの冷えと食べ過ぎ飲みすぎ、

運動不足からの腰痛を感じて昨日から温活始めました。

腰痛もすっきり、体も温まってきましたよ。


その温活ですがまずは約30分ほど

足つぼと足ほぐし

末端からぽかぽかになったところで

次に1時間ほどヨガ

軽くほぐしてからのアーサナ。

全身に血と気が巡る感じ。

股関節周りや内もも、足の裏側

を大きく動かして刺激していくポーズが冷えに効果的。

おすすめは「月礼拝」。


そして、食べ物

体を温める食べ物を積極的にとり腹八分目に。

私は甘党ではないので甘いものを控えるのは

苦ではないですが好きな方は砂糖の摂りすぎに注意です。


私の場合は甘いものを食べない代わりについつい

飲んでしまうのがアルコール。

最近ビールはあまり飲まなくなったけど昨夜は

赤ワインを飲みました。

ワインは冷えるイメージがあったけど最近は体を

温めるといわれるようですね。

今晩はホット赤ワインにしてみよう!


もう一つおすすめは小豆カイロ

市販もしていますが家に小豆があれば

簡単に手作りできます。
P_20180108_115525_1.jpg
小豆を袋(木綿がおすすめ)に入れるだけ。

私は500gを袋(袋を3分割すると

偏りにくい)を作って入れました。

出来上がりサイズ:18×21cmくらい。

この大きさはおなかや腰を温めるのにちょうどいいです。

このサイズでレンジで500wで2分~2分半ほど温めます*

*機種によって異なるので様子を見ながら温めてください。

加熱しすぎると豆が破裂する恐れがあるので注意してください。

15分くらい暖かさは持続します。

小豆の蒸気とほんのり小豆の香りで暖かさが

優しく体の奥まで届く感じです。

以上私の温活でした。


では、また~