ひな祭り(ひままつり?)

2018.03.03(Sat)

『イベント』 Comment(2)Trackback(0)
201803031948122b9.jpg
義母が老人会で作って来た折り紙のお雛様。ご馳走を供えた後お炊き上げするんだそうです。

♪きょうは たのしい ひまま~つり~♪

って! わたしはヒマじゃあないんだよ~!



「夏みかんをもらったから

マーマレードにしてあげようか。」と義母。

「おいしい作り方のレシピがあるよ」と私。

昨日の事。

そして今日、皮をあくだししてペクチン用に袋と

身を分けるのを手伝ったのがいけなかった。

「そのあとどうするって書いてある?

なんだか作り方が難しくて

理解できない」と義母。

暇だから作ってくれると期待したのに

結局私にお鉢が回ってきた。

午後からまさかのジャム作りと同時進行で

ちらし寿司作り。具から手作りしたもんで

半日仕事に。
20180303194745b97.jpg


今日はバレエもヨガもない日なんで

暇でしょ?と言われれば

否定はしづらい嫁の立場。

何もない日こそスキルアップの

ための勉強にあてたいのに……。

では、また~


pagetop ↑

北斎とジャポニスム展

2018.01.22(Mon)

『イベント』 Comment(0)Trackback(0)
ここ最近はミュシャ展といいぎりぎりに

観に行くことばかり。

昨日もあと一週間で終わってしまう

「北斎とジャポニスム」展に慌てて出かけました。
P_20180121_140046.jpg
今日の大雪が信じられないくらいのぽかぽか晴天

北斎漫画の無礼講1・2にヨガのポーズと

そっくりな絵があるって聞いてそれはぜひ見たいと。

案の定の混雑20分待ち。

動物園のパンダも混雑。人・人・人でした。

観終わるまで約3時間。

印象派や私の大好きなアールヌーボーなどの

作品との比較展示で見ごたえ十二分でした。

接骨家に弟子入りして接骨術や筋骨の

解剖学を極めたという北斎。

それにしても1800年代にヨガにそっくりなポーズが

書かれているのが不思議。

筋肉や骨格を研究した北斎ならではのポーズ絵。

そういえばしゃちほこの絵があって

ちょうど練習しているポーズ。

絵を見るおとといまでは足が上がって

いかなかったけど絵を見た後の今日は

ふわーっと上がって。やった~。

不思議な感覚。

北斎さまさまでした~。


今日は大雪警報。数年ぶりに積もりそうですね。

明日は雪かきでしょうか~。

ぎっくり腰に要注意です!



では、また~


pagetop ↑

形あるものはいつか壊れる・・・けど

2018.01.20(Sat)

『イベント』 Comment(0)Trackback(0)
市内の麻溝公園でチャリティー全国大陶器市が

開催されています。
P_20180120_161354_1.jpg
午前中義母が行ってみようと言っていたけど

お昼を食べたらめんどくさくなったらしい。

結局今日は寒いし取りやめ。


少し前いらない食器を大量に処分したから

また増やしてもね~。

同じような大きさのが多く足りないものも確かにあるけど。

お客さんが来るわけでもないし

とりあえずあるもので間に合わせている。


そういえば、この間急須を買い替えたときのこと。

しばらく南部鉄器の急須を使っていたけれど

普通の急須で淹れたほうが味も香りも

いいような気がして。

赤茶の万古焼の急須を買ったところひと月しないうち

義母が割ってしまった。

割るの早すぎでしょ! と思いつつも

以前私が食器を割ったとき「形があるものは

いつかは壊れるのだから」と言ってくれたから

私も何も言えないまま。

またその後急須を買ったけどまたすぐに割られても・・・

と万古焼っぽいのを買った。

値段が安かったからきっと「もどき」なんでしょうね。

お茶を飲みながら義母曰く

「昔は光沢を出すために手でよくこすって磨いたもんだよ。

これは最初からつやがあるね? 本物じゃないんでしょ」

だってすぐ壊されたらかなわないという言葉を飲み込んで

苦笑い。



陶器市に行ったら義母に本物の万古焼急須を

買ってもらうことにしよう。



では、また~



pagetop ↑

へこたれない

2017.09.11(Mon)

『イベント』 Comment(4)Trackback(0)
先月下旬二週間ほどバレエの遅い夏休みでした。

その間、私の時間のほとんどを身内のために

費やさなければならないことが起きました。

昨日はやっと解放されて

私の通っているバレエ教室の息子先生がゲスト出演される

ということで少し遠くまでバレエ鑑賞してきました。

演目は「コッペリウス」

P_20170911_095110_1690272060938.jpg
メインゲストは義足のダンサー大前光市さん。

リオのパラリンピック閉会式で踊った方です。

他にもタップダンサー・ミュージシャン・ボイスパーカッション・

バスケットボーラー・ビートボクサーなど多彩なゲスト出演で

エンターテイメントな舞台でした。

素敵な舞台に久々に刺激を受けてレッスンメイトたちと

夕食を共にして楽しいひと時を過ごせました。

が、誤算が二つほど重なるアクシデント。

なんと駅のそばに停めていた駐車場の閉鎖時間に

あと1分というところで間に合わず。

なんでもっと余裕を持たなかったかなー

と後悔しても後の祭り。

田舎街の日曜の23時過ぎ。タクシーもいません。

夫は飲んでしまって迎えに来れないというし。

歩きました。

私には足がちゃんとある!

義足のダンサーの踊りを観た後だから頑張れた??

ヒールの高いサンダルが辛かったけど

家まで45分。

ひたすら歩きました。

足の裏にまめができて水ぶくれになったけど

やらかしてしまったことへのマイナスな感情も不思議と起きず

歩ききってさわやかな気分でした。

もうこりごりですけどね。



歩けることのありがたみをかみしめました。


では、また~









pagetop ↑

まだ間に合う_ミュシャ展

2017.06.01(Thu)

『イベント』 Comment(2)Trackback(0)
私のアールヌーボー好きは20代の頃から。

サロメのビアズリーの挿絵を見て以来となります。
IMG_2480.jpgIMG_2481.jpg
岩波文庫が100円で買えた時代。

アールヌーボーに関してそれほど詳しいというわけでは

ないですが曲線美に惹かれます。

ミュシャ展ではずっと前から行くつもりをしていたものの

友達との予定が合わず。

とうとう終了6日前、混雑覚悟で一人で行ってきました。

でもこれほど混んでいようとは!想定外でした。

まず驚いたのは地下鉄の改札を出た時点で

チケットを買い求める人ですでに行列。

平日にもかかわらず老若男女が開演前から美術館の中から外まで

長蛇の列。外では50分待ちのプラカード。

こんなにミュシャ好きの人がいるのか??と思ったのですが

それほど詳しくはないけどとりあえず見ておきたい

という人が多いのかな? と思われるような会話もありました。

後ろの30代くらいの男性2人連れは

コミケ並みの混雑」と言っていました。ふーん、そうなのね?

こういう行列時1人というのは意外といいもんで

「4列で詰めてくださ~い」と言われるも前がみな

奇数で並んでいたので係員の人の誘導で

4列飛ばしで前に行けたのは多少なりともラッキー。
P_20170531_105455.jpg
プラカード通り約50分後やっと入れてやれやれ。

私はポスターや挿絵のグラフィックでのミュシャが好きですが

今回のスラブ叙事詩の展示では違う面で圧倒されました。

「撮影可」の部屋があり写真を撮りまくり。
P_20170531_115936.jpg

P_20170531_120251.jpg

P_20170531_120358.jpg

P_20170531_121009.jpg
ミュシャの息子をモデルにしたというイケメン。
P_20170531_120820.jpg
ハープを奏でる少女のモデルはミュシャの娘。
姿勢がつらそうに見えました。
P_20170531_121323.jpg

P_20170531_121926.jpg

P_20170531_121623.jpg
現代でも背負ってそうなリュックが印象的。

P_20170531_141038.jpg
2時間ほどのち、観終わって出てもまだ行列は外まではみ出ていました。

来場者が5/22に50万人を突破したそうです。

平日でこの混雑。一体終了間際の土日は

どうなってしまうんだろう?と思いつつ

6月5日最終日。まだ間に合いますよ!

では、また~





pagetop ↑

Copyright © 2018 m・kakipee all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.