2014/04/18

魚の目

バレエの発表会に向けての週3の練習に加えこのところの

リハーサルなどトウシューズを履く頻度が増えたこともあって

以前からあった魚の目が悪化しました。

左足の親指(外反母趾ではないんだけど)の内側の爪が

人差し指に食い込んで刺激されるので魚の目になっています。

大きくはなく米粒の半分くらい。

こんな小さくても痛い魚の目。

トウシューズを履くときは親指にストッキングの切れ端を

巻きつけて食い込まないようにしてましたがそれでも痛みが増してきました。

今日はとりあえず人差し指にもストッキングの切れ端をグルグル巻いて

しのぎましたけど我慢の限界なので(がまんすることでもないし

ドラッグストアで治療薬を買いました。

皮膚科も考えたんですけど魚の目で皮膚科に行った方に聞いたら

結局は「削るしかない」と言われたそうで、だったら混んでる皮膚科で待つのも

大変だし自分で治療薬で治そうと思った次第です。

薬は昔からおなじみの「イボコロリ」を買ってみました。



魚の目の芯の取り方、原因や治療法を紹介。」こちらもとても参考になります。

靴が合わないというのはよく聞きますが、血行が悪いのも原因の一つだそうで

やっぱり血行不良のわたし。なるべくしてなった「魚の目」なんですね~。

次のバレエリハは27日。それまでに「目」が取れればいいんですけど。
関連記事

コメント

非公開コメント