2014/06/11

発表会で学ぶ

子供の時から憧れだったバレリーナ。

そして大人になってから始めた憧れのバレエ。


始めて7・8年は発表会に出るたびに

「いつも注意されていたことはこういうことだったのね」

次はここを直そう、と気づきや次の課題が見つかっていました。

それがここ数年は体力や足腰の衰えを感じ現状維持がやっと。

もう伸びしろも気づきも感じられない……。

だから引退(引退という言葉は後ろ向きなイメージなので実際は

「卒業」と言っていたのが笑える
)しようと

前回は出なかったのでした。でもなんかつまんなかったんです。

どうせ趣味なんだから楽しめればいいんじゃない? 

そう自分に言い聞かせて今回は大人限定でバリエーションが踊れるので出ることにしました。

練習中は目標に向かってとても充実していて楽しかったデス

みんな発表会当日は楽しめたと言っていましたけど私は当日は

緊張のあまり楽しめた感じは正直ありませんでした(いつも当日は楽しめないのよね)。

失敗したしね。(それも緊張のあまり記憶がない??)。

今までなら失敗した自分を許せなくて落ち込んでいたのが今回は

2、3日は引きずっていたものの、「ま、そういうこともあるか」と

開き直れるようになったのは歳のせい? 少しは丸くなってきたのかな?
(図太くなってきたのかも

失敗を引きずって自分を追い込んでもしょうがない。

それよりは前向きに! 

今回は苦手だったピルエット(回転)の軸が当日なぜか?? 初めて感じられました!

回れるって気持ちいい~)。

今まで長年感じたことのない軸。まだその感覚は右だけ続いているけど(左は調子悪いまま

いつまで続くかわからないので次のバリエーションはあえて

苦手なピルエットがたくさん出てくる

バリエーション、「エスメラルダ」にしました。

確実にピルエットの感覚を自分のものにしたいもんです。

今回はピルエットの感触を得たことでまだ少し伸びしろも残っているかもと

思えたことが自分にとってプラスの出来事でした。
32985218.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント