2014/08/17

レ・シルフィードの衣装

バレエのレ・シルフィードの衣装製作中。

IMG_0889.jpg
これから×3倍ほどチュールの山になります。

ショパンの曲が美しい幻想的な「レ・シルフィード」


作っていると踊りたくなります。

来年の発表会も8月2日に決まったことだし
もう演目は「眠りの森の美女」に決定だけど)

これまで2回発表会で踊ったけれど何度踊ってもいいな~と思えます。

この間もまたバレエのメイトさんたちと
(何年か前にもブログに書いたような・・・

「エンディングドレスはシルフィードがいいね~」なんて話になりました。

「天使服」なんていう表現もあるんですね。

実際ドレスを扱うサイトもあるし。



「バレエの衣装じゃ着せにくいだろうから掛けてくれるだけでもいいよね」

とか「クラシックチュチュはスカートが収まらないからNGだね」とか

「バレエ衣装で三途の川は渡れないか」とも。

「エンディングノートにもちゃんと書いとかないと」などなど

結構具体的に意見が出ます。

盛り上がってきたところでレッスンが始まったのではい、それまで。


少し前松坂慶子さんと上沼恵美子さんの対談番組で

告別式に流して欲しい曲というので上沼さんが

「好きになった人」(都はるみ)を選んでました。

「さよ~なら、さよ~なら~ げんきでいいて~ね~♪」

これ、いいかも、とついつい思っちゃいました。

こんなことを言うと昔の人は「縁起でもない」などと

眉をひそめたものですが「エンディングノート」とか

「終活」とか今ではカラッとしたもんです。


「エンディングノート」の事は知ってても、ではいつ書いたらいいか。

「今でしょ!」とはなかなかいきませんけどね~。

まだまだシルフィードの衣装着せてもらうのは先。

「踊りたい」ですもん。


関連記事

コメント

非公開コメント

好きになった人、好きで、良く歌います。
元気になる歌です。
でも告別式で流れたら、みんな笑っちゃいますね。
アロマネックレスの記事、読んだら、
欲しくなりました。
もし教室が10年続いたら、10年続けた方へ
「頑張ったで賞」としてのプレゼントに
イイとおもいませんか?

>あき先生 しんみりされるより笑かしたいと思うのでいいんじゃな~いと^^

アロマネックレス、私が買った物以外にも他のお店でいろいろありました。

10年続けてくださるなんて有難いことですよね。いいアイデアだと思います!

因みに私事ですが今のバレエ教室永年表彰15年でした。

5年ごとに表彰されます。

10年で記念品いただいたらますます頑張ろうと思いますよね(・ω<)