すごい本

2013.05.06(Mon)

『ヨガ』 Comment(2)Trackback(0)
最強のヨガレッスン最強のヨガレッスン
(2009/09/01)
レスリー・カミノフ

商品詳細を見る


連休中暇をみて(ずっと暇だったでしょうが)読み終えて、買ってよかったと思える本でした。

第01章 呼吸
第02章 ヨガと脊柱
第03章 アーサナを理解する
第04章 立位のアーサナ
第05章 座位のアーサナ
第06章 膝位のアーサナ
第07章 仰臥位のアーサナ
第08章 腹臥位のアーサナ
第09章 腕で支えるアーサナ

というように分かれていますが各アーサナの骨と筋肉(一部内臓)が透しのイラストで

書かれているのがすごい。しかもガラス上に乗ってポーズしたモデルの

下からのイラスト等この本でしかみられないような素晴らしい角度!

「新しい視点でヨガを学びたい人へ」という紹介がぴったりな本です。

「初心者からインストラクターまで」ともありますけど学ぶという点では

いいかもしれませんが実践する場合はポーズのやり方を

詳しく説明しているわけではないので初心者向けではないかな? と思いました。

第04章からのアーサナでは各ポーズの透かしのイラストと「分類とレベル」

「関節の動き」「収縮する筋肉」「伸長する筋肉」「問題となる点と注釈」

「呼吸」などが解説されています。

一例をあげれば腰痛持ちの私にとってなるほどと思ったポーズについて。

P.148 ガス抜きのポーズ(アパーナーサナ)より
table.jpg

このアーサナーでは、息を吐きながら膝を身体の方に引きつけることで、横隔膜が上向きに解放されます。
伝統的なやり方では、腕は置いておくだけで補助には使いません。そして腹筋群と股関節の屈筋群を働かせて膝を体幹に引き寄せます。腕は脚の動きについていくだけです。逆に息をゆっくりと吐きながら股関節屈筋と腹筋を緩めて、井戸のポンプを引くように腕の力で大腿を腹部に押し付けてみると、興味深い違いを実感できるでしょう。


やってみる。なるほど。腕を置いておくだけにすると腰椎の緊張がありません。

ドゥヴィ・パーダ・ピータム(二本足のテーブルのポーズ)とアパーナーサナの二つは互いに補い合うカウンターポーズであり、非常に多くの人が抱えている腰の障害を劇的に改善させることができる強力なペアと言えます。


とこのような腰痛持ちには心強くなるようなわかりやすい説明が書かれています。

またP.144の屍のポーズ(シャヴァーサナ)では

分類とレベル
見方によって異なるが、非常に簡単あるいは非常に高度


そうそう単なる昼寝やうたた寝ではないんですよね。
常に内側に向けて意識を集中しなければいけないんですよね。
この違いについてスワミ・ヴィヴェカーナンダは

「ある愚か者は眠りに落ち、愚か者として目覚めた。別の愚か者はサマディーに入り、賢者として目覚めた。片方は意識の消失で、もう片方は超意識の獲得である」

「メディカルヨガ~ヨガの処方箋~P.60」より
うとうとしちゃったら「愚か者~!」と怒られそうですね(笑)

身体と心のあらゆる部分から緊張を完全に開放することはほんとうに難しい。そこで

対称性
多くの人がシャヴァーサナで「身体を完全に左右対称にしなければならない」という考えにとらわれすぎて十分にリラックスできていません。しかし、完全に左右対称であることを視覚的に確認した上でポーズをとっても、実際には左右対称であるという運動感覚(固有受容感覚)は得られません。言い換えると、対称に見える姿勢と対称だと感じる姿勢は違うのです。


back.jpg
シャヴァーサナを下から見たこのイラストも左右対称に書かれていません。
(灰色部分は体重のかかる面であり一次弯曲を含む部分)

人間の身体は生まれつき非対称であるという事実をある程度受け入れなければ、身体をリラックスさせることも、深層の感情に到達することもできません。本当にリラックスしたいのであれば、理想の身体ではなく、ありのままの身体を受け入れる必要があるのです。


首の後や肩の先まで付けるようにとかなるべく身体の接地面が

多いほうがいいんだろうけど骨格的に無理じゃない?

なるべく付けるようにしようと思うと力が逆に入って

リラックスなんか出来ないと思っていたのでこの図を見て安心。

イラストはかなりリアルだけどだからこそとってもわかりやすくて

ヨガをやっている人にはお薦めですよ。











関連記事
トラックバックURL

http://refresh20.blog.fc2.com/tb.php/20-c6d15b19

トラックバック
コメント
本屋さんで見かけましたが、そんなに良いんですね。
あき 2013.05.07 07:28 編集
> 本屋さんで見かけましたが、そんなに良いんですね。

あき先生 沖ヨガとはまた違う部分も参考になりますし、何よりイラストがとてもわかりやすくていいですよ!
m・kakipee 2013.05.07 21:13 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ 最新記事
▼ カテゴリ
▼ 最新コメント
▼ プロフィール

m・kakipee

Author:m・kakipee
相模原市中央区田名でヨガ教室を開いています。その他バレエ衣装(アトリエチュチュ)も作っています。バレエとヨガの日々。そんな私の日々の出来事などよろしかったらお付き合い下さい。

▼ タグ
▼ アーカイブ
▼ 検索フォーム
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2019 m・kakipee all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.