2014/11/13

膝の痛み

昨日は本部ヨガレッスンでした。

膝を痛めてレッスンを休んでいた会員さんが

2週間ぶりにいらっしゃいました。

テニスをされているのですが何で痛めたか原因は

はっきりしないということでした。

整体院に行ったら腰の歪みから来ていると言われたそうです。

テニスのレッスンも再開したそうですが正座がまだきついとのこと。

ヨガレッスンのあと操体法をさせていただきました。

足の左右の長さが3cmほどずれています。

足と腰の揺さぶりを数種類。身体が柔らかい方はこれだけで

大体足の長さが揃ってきます。

その後骨盤と腰の操法を数種類。約30分ほど行いました。

帰り、歩き出して少しすると「あれ?あれ?膝が軽くなってます~」。




身体に無理なく楽な方、気持ちの良い方に動いて

身体のバランスを取っていくことで

膝への負担も軽くなります。

また身体だけでなく呼吸・身体を養う食事・身体を

動かすこと・考え方はすべて関係して影響しあってます。

身体のバランスを取ったら呼吸・食事・考え方とも

バランスを取ることで健康になります。

この考え方は操体法もヨガも同じです。

「痛い」「苦しい」「突っ張る」などは身体がアンバランス

なのを教えてくれるサイン。

「苦しいこと」は身体が「やめて」と

訴えているサイン。

創始者の橋本敬三先生の名言集です。

今日は真面目なお話でした。

では、また~。


関連記事

コメント

非公開コメント