2015/03/19

苦手ポーズは逆のポーズで

今日のヨガ木曜クラス。

らくだのポーズ(ウシュトラーサナ)やりま~す♪」

これです。太ももを床と直角に保つのがポイント。
img001-002.jpg
img002-002.jpg










会員さんたち口々に「あ~、これ苦手!」。
「きついんですよね~」。



一度やってみました。

手がかかとに届かなかったり届いても「きつい!」という感じ。

でも大丈夫! やりやすくします。

やりやすくする逆ポーズ、前屈をします。

ペアでやりました。

背中合わせでお尻もぴったり付けてらくだのポーズをやった

後に背中に乗ってあげます。

前屈とらくだのポーズを交互に計3セット。
交互に繰り返すのがポイント
img003-001.jpg







はじめ手がかかとに届かなかった方も楽々つくようになり

「あ~、らくだな~」とオヤジギャグまで出る余裕も。

体がもともと柔らかければ頭までマットにつくようになります。

逆ポーズと交互にやることで体が硬くても「らく~に」

出来るようになりますよ。


では、また~。




関連記事

コメント

非公開コメント

3セットも丁寧に繰り返すと、
体はそれだけこたえてくれるんですね。
私も、もっと丁寧にやらねば、と思いました。

Re: タイトルなし

3セット以上やると更に柔らかくなるでしょうけど
時間の都合上3セットにしました(笑)

私はいつもあき先生のレッスンでたくさん学ばせて頂いています。
同じポーズやほぐしでも言葉を変えての説明で毎回違う気づきがあります。
いろんな方向から説明していただけるので毎回新鮮です。
(私はいつも変化のない言い方になってしまいます。)

この逆ポーズは三郎先生に教わりましたけど
本来は上からうつ伏せ状態に乗ります。
でも心臓の鼓動がダイレクトに伝わるので(笑)私流に
背中合わせにアレンジしてみました。


がんばってますねえ

こういうのを、読むと

私も、高齢者も、身体を日々、
鍛えなければと思います。

わかりやすい図ですね。

そうなんですか、三郎先生は前向きに乗るんですか。
龍村先生はこの図のように背中合わせでやります。
たしかに、前向きの方が、下になっている人は、
やわらかくて気持ちいいでしょうね。
でも、私も背中合わせの方がいいかな^^
昨日のレッスンで、ぴいさんのやり方を真似してみましょうね、といって、
レッスンでやってみました。
金曜日のクラスの人は、みんなぴいさんのことを覚えていますから。
皆、できた、できた、と大喜びでした。
どうもありがとう^^

Re: がんばってますねえ

>もりんさん 超高齢化社会ですから

楽しく、元気に長生きするために

ひとりでも多くの方が運動を習慣にしてほしいな~と思います。


棒人間、コナン・ドイルの小説の「踊る人形」の暗号にも
使われたりしてましたね。

複雑な形になるとイマイチ書くのが難しいです。
(前屈の図は汚くなってしまいました(笑))

棒人間修行中です(笑)。



Re: タイトルなし

「百人百ヨガ」と言われるように
自分に合ったやり方を選べばいいかなと。

同じ沖ヨガでも微妙に違う部分がありますね。

そこのところはこだわらず柔軟にやってます(笑)。

金曜クラスでやっていただけたんですね。

効果があってよかった~^^
金曜クラスの皆さんの笑顔が浮かぶようで私も嬉しいです^^v