2015/07/12

今年もそんな時期か

忙しくしているとついつい周りを見渡す

余裕がなくなっています。



1か月に一度来るか来ないかの息子。

だから好きなもんを食べさせてあげたい。

今日の夕飯は鰹の刺身に肉じゃが、

野菜不足だろうからサラダに糠味噌きゅうり、

冷奴になめこ汁の和食。

鰹の刺身にはたっぷりの薬味。

スーパーでみょうがを買おうかどうしようか迷いました。

「もしかして家ので間に合うか?」

帰ってきて3本ほど引っこ抜いてみたら

これ!
IMG_1511.jpg










やっぱり出てた!

でも今年は早くない?

いつもはだいたい梅雨明けに穫るんですけど。

でも気づけばもう7月半ば!

もう半ばだったのね!

忙しいと日付の感覚もなくなってしまいます。

そんな慌ただしい毎日にちょっとした

気づきをもらった感じ。

土の下では着々と準備が整っているんですよね。

そういえばこの間今季初のセミの鳴き声聞きました。

でも、ミンミンゼミじゃなくひぐらし。

夕暮れ時に「カナカナカナカナ・・・・・・・」と。

こんなに早く聞くのも珍しい気が・・・・・・。

夏の終わりのようなイメージのセミですけどね~。




足は打撲の痛みがだいぶおさまったと思ったら

今日は他の箇所が痛く、階段を降りる際にも

かなり響いてもう一週間たって治るのかと思っていたので

ちょっと凹んでいます。

この程度で済んだのを感謝しなくてはいけないな

と思いつつ。

ネットで見ると打撲は結構痛みが長いようで・・・・・。



では、また~。







関連記事

コメント

非公開コメント

たぶん・・・

 人は生きるための機能が充実していて、とりあえず生死にかかわる部分から治させようとするらしいです。
 とすると、次に出てきた痛みは、2番目に大切な部分って事ですよね。
 って事なら、3番目、4番目と続くわけで、痛みが長引くのは、治る過程って事じゃないでしょうか?
 つわりみたいなもので、体をいたわりなさいよ!って言われているのかも・・・
 時に「体の声に耳を傾けなさい」という言葉がすーっと入ってきますね。
 お大事に!!

Re: たぶん・・・

makkさん ありがとうございます。

そうなんですよ。痛みが移動している? 感じですね。
上から骨を触っても痛くなく肉を摘むと痛い(*_*;

気の持ちようもあるのかと思ったのですが・・・
今日佐野史郎さん激似先生に言ってみたところ
「それは転んだのとは関係ないですよ」って。


だって転ぶ前は痛くなかったんですもん。

「内側の筋肉を鍛えないと支えられなくて痛くなる」
ってまるで年齢とともに筋肉が落ちてくるからとでも
言いたそう。週3、バレエとヨガをそれぞれやっているのに
どんだけ鍛えりゃいいの!? って話ですよね。

「体の声を聞いて」ってヨガでしょっちゅう言っているのに
自分では「まだ出来るでしょ」とばかりに疲労にも気づけなかった
バチですね~。
ほんと、これからはいたわり、感謝しつつ身体を動かしたいと思います。

こんにちは

あわただしいと、ちょっと見渡すのを
忘れてしまいますね。

でも時間は確実に過ぎてるのですよねえ。

息子さんのために、ぴいさん、がんばりましたね。
期待の可愛い靴も、また、すぐにやってきますよー。
そのときは、思いっきり、慌ててネ!

おケガ、心配してました。
どうぞ、早く治りますように。

Re: こんにちは

もりんさん ご心配いただいてありがとうございます。

今日の午後診療は別の先生でしたが・・・
傷はもう乾いてきています。

そう、時間は確実に過ぎているんですよね。
痛みも時間の経過とともに薄れていくと思います。

今週は日曜日のリハーサルまで毎日バレエがあります。

素敵な王子様に会えるのを楽しみに励んでいます。
もちろん無理しないように飛んだり跳ねたりは極力控えてます。