2015/07/24

ギリギリは性に合わねど・・・

バレエの発表会まであと9日。

カウントダウンが始まっていますが

まだ教室の衣装を作っています。

首の後にあせもを作りながら(爆)。

焦るから汗をかくのかもしれない・・・。

今作っているのはデコレーションのみ。

こういうのが思いの外、時間かかるんです。

何にも飾りのない衣装。そこに飾りをつけます。

 形が出来上がっているので

平らじゃない。そこにミシンを掛けるわけですから

縫いづらいことこの上なし。
IMG_1520.jpg










衣装は「眠りの森の美女」のリラの精・・・なのですが

「喜びの精」と名前がついています。

通常のリラのヴァリエーションを踊る役です。

もう一人リラの精で踊らないマイムだけの役が

「善の精」という役名。

王妃が実は妖精の女王である「善の精」だったという

設定のようで・・・。

この関係がいまいちつかめず、デコレーションする上では

解明しておかないと。 そこで先生に伺ったところ、

「「喜びの精」はその他の妖精の中では格上なんだけれども

カラボス(悪の精)をやっつけるには力不足。

そこでよりパワーのある「善の精」にお願いする。

「喜びの精」は店長みたいなもんで

「善の精」は社長みたいなもん」

なるほど~。わかりやすい喩えをありがとうございました。


ということで私のデコレーションしている衣装はいわば

中間管理職的な衣装ということで・・・・・・・。

よけいやりにくくなりました。

「喜び店長」は部下である5部署の担当の妖精を引き連れています。

いわゆる「パ・ド・シス」と呼ばれる役柄。

パ・ド・シスの衣装は今回レンタル。

すでに二度のリハーサルで着ていて

誰もが「きれいな衣装!」と絶賛する素敵なもの。

レンタル衣裳はゴージャスじゃないと借りてもらえないし

ショップも増えているから・・・・・・。

最近ますますゴージャスになってきていますね。

「喜びの精」は店長なので皆よりはゴージャスにしてあげたいのに

土台のスカートのボリュームが「部下」の半分くらい。

なのでボディーとオーバースカートでゴージャス感を

出すしかないのですが。

ここでまた問題なのは社長から「善の精」よりは

ゴージャスにしてはいけないというお達し。

社長(「善の精」)の衣装もレンタル衣裳ですけど

まだ来ていないから想像するしかないわけです。

多分ものすごくゴージャスなんでしょうけど・・・・・・。

「喜び店長」の衣装は「部下パ・ド・シス」のレンタル衣裳

になんとなく似ていればいいからという

私からすれば難題な注文と板挟み的な条件の中、

間に合わすべくあせもを作りながら

制作に励んでいます(爆)。

どうやらストレス性のあせもというのがあるようなんですけど・・・・・。


では、また~。


関連記事

コメント

非公開コメント