2015/08/05

下手でも味があれば

実家の母がこの間「一日絵手紙教室」に行って

書いて来た絵手紙。

IMG_1536.jpg











母は絵が苦手。

幼いころ「おにんぎょうさんをかいて~」

とせがんで書いてもらった絵が

あまりにも可愛くなかったので「こんなんじゃ嫌~」

と泣いたことを未だに覚えています。

それ以来絵を書いてもらうこともなく見たこともありませんでした。

この絵手紙を見て、正直うまくないけど

どことなく可愛らしく思いました。

「初めて書いたから手が震えちゃってうまく書けないのよ」

と言ってました。「うまく描かなくていいんだよ。なかなか

味があっていいじゃない。続けてやってみたら?」

とすすめましたけど「下手だから恥ずかしい」と言います。

私と違って新しいことにチャレンジするのになかなか

踏み出せないタイプ。

「暇があったら私がやりたいくらい」と言ったあと、

そうだ!

発表会も終わったし暇というほどではないけど

時間も多少余裕ができたわけだし・・・

描いてみようかな・・・。まずは母に。

近くに住んでいるので手紙なんて書かないけれど

絵手紙ならば・・・

そのうちに絵手紙で返してくれるかもしれません。

母に薦めたはずなのにまたやりたいことが増えちゃった私です。

では、また~。


関連記事

コメント

非公開コメント

いいお話

ぴいさんのおかあさま、きっと素敵なのでしょうね。

その人の持ち味や個性がでるのが
一番ですよね。

なすのお寿司、おいしそうですね。
舞台のあとの、安堵を楽しんでね。

実は、わたしも、手紙を書いています。

遠くに住む、まだ字も読めないオムツを
している孫に。

小さい紙に「ぶたさん」とか「きりんさん」と
書いて、ちょこっと絵を書いて。
封筒に入れてます。

本人に開けさせたくて。
私は裁縫ができないから、孫になにも作れない。
だから、時々、封書を送っています。

これも楽しいです。

Re: いいお話

もりんさん なすのお寿司は「まいう~!」ですよ~っ!(笑)

もりんさんこそ、まだ字も読めないお孫さんに
絵手紙なんて! 素敵です。
とってももりんさんらしいです!

きっと封筒を開けるときのビリビリという音や感覚、
そして、かわいいぶたさんやきりんさんの絵、
大きくなっても心に残るんじゃないかな~と思います。

愛情がこもってますね!

文章よりも「絵」には言葉が沢山詰まっているような気がします。

ますます絵手紙、描きたくなりました^^