2017/01/21

編んでほどいて、そしてまた編み生まれ変わる

年末から久しぶりに編み物をしてみました。


年末に時間の取れるのは久しぶり。

どっぷり暇なわけではなかったけれど

編み物が出来る贅沢な時間。

ゲージをとろうといざ取り掛かると・・・

あれ? どうやったんだっけ?


あまりに久々なのですっかり編み方を忘れてしまいました。

もうこれは、脳トレです。

編み方の図の本を横に置きながら。

!? 本に載っていない記号が(汗)。

でも最近はyoutube やネットで出ているんですね。


毛糸は20代の頃編んだジャケットをほどいたもの。

ずっと寝かしておいたのが〇十年ぶり日の目を見ました。
IMG_2445.jpg
IMG_2447.jpg

裏布は私が中学生の時に母が作ってくれた

ジャンパースカートの残り布。
(もうこれに至っては大昔と言っていいくらい)。

これも1mくらい残っていたもの。

断捨離もいいけどこういう別の形で

思い出を残すこと、いいと思います。


寝かせてある毛糸や生地、まだまだたくさん。

それぞれにその時々の思い出があります。


では、また~

関連記事

コメント

非公開コメント

毛糸編みができるひと、尊敬です。

私は、
編み物、跳び箱、圧力鍋が
人生でできないものです。

洋裁のプロだった母は編み物も上手でしたが
(過去形にしましたが母は生きてます 笑)
私は、洋裁も編み物もできないまま。

洋裁は何度もチャレンジしました。
編み物は高度すぎて、頭が真っ白になります。

ぴいさん、いろんな才能があっていいなあ。
素敵なバッグです。

Re: タイトルなし

もりんさんコメントありがとうございます。

編み物は無心になれるので好きなんです。
初めて編んだのは小学4年の時。
大好きなうさぎのぬいぐるみのジャンプスーツを
適当に編んでみたら形になったのがうれしくて
それ以来はまりました。
でも編み方を忘れたのはさすがに
ボケたかとショックでしたよ。
たまにボケ防止にやろうと思います。
肩凝るんですけどね。