2017/02/17

年齢を重ねることで変化する体  そして気付いたこと

大人になってバレエを始めてから

ずっと週3ペースでレッスンしてきました。

同じペースでやっていると体の変化もよくわかります。


苦手だったピルエットダブルがやっと安定してきた

と喜んでいたのも長くは続きませんでした。

また1年ほど前から不安定になってきたのです。


今日は調子が悪いな

今週は調子が悪いな

今月は調子が悪いな



結局調子が戻らず「ああ、筋力が落ちているということね」

と悟った次第。

でもこのままではあきらめはつきません。

なんとか自分なりのベストな状態に戻りたいと

試行錯誤。

そんな時試しにプリエを最大限深くしてみたら

おお!

床に刺さるように立てることを発見。
(まだまだ成功率は低いですが少しづつ戻ればという期待を持って。)


そういえば最近バーで「プリエを深く」と注意されていたっけ。

でも自分の体でそれがどう作用するのか

いまいちわからなかったのです。

いままで限界までプリエしなくても回れていた時があったから。

でもそれは力でやっていたからなんですね。

筋力が衰えてきた今は同じやり方をしていては

だめだ
ということがわかりました。

そんな時、ちょうど今朝「あさイチ」のプレミアムトークに

英国ロイヤル・バレエ団でプリンシパルを務めた吉田都さんが

ご出演されていました。

体の変化について「変化は感じる。

若い頃は力に頼っていたが、バレエのステップがより

正しく使えるようになった。長く続けてきて面白い部分もある」

という部分に激しくうなずく!

バレエ教室の先生からいただいた今年の年賀状にも

「踊ることも大切だけど、体の使い方で

もっとかわります


と書いてありました。

どゆこと??

とその時は思ったのだけど今はよくわかります。

今まで受け身だけだったレッスンも

自分の変化に当てはめて使い方を

考えて変えていかなくては。

自分の体は自分が一番よくわかるけど

知らない部分もまだまだ多い。

これからも変化してゆくのだから

未知の世界?なのですね。


では、また~







関連記事

コメント

非公開コメント

深いですねえ。
読んでいてなるほどなあと思いました。

体の動きひとつも
無理はできなくなりましたが
だからこそ、違う工夫もするようになりました。
ゴルフの練習も
同じことがいえます。

ああ、吉田都さんのお話、ききたかったなあ。

Re: タイトルなし

もりんさん、コメントありがとうございます。

若いうちはがむしゃらにできるけど
そうもいかなくなってきたからこそ
今までとは違う視点で考えられるようになりました。

ゴルフもそうなんですね?

もりんさんもいろいろと大変でしょうけど
どうかお体ご自愛くださいね。