2017/06/19

体は柔らかくても凝っています

私は体が柔らかいと言われますが

決していいことばかりではないと最近感じています。

体が柔らかいと肩こりや腰痛になりやすいようです。

それは言えています。実際ほぐしてもほぐしても

すぐ凝ってきますから。

また、ストレッチをしても可動域が広いため心地よい

伸びを感じにくい。

ストレッチして戻す時硬い人は自然に戻るらしいのですが

ぺたーっとなったままなので戻すにも力を使います。

「柔らかい人は皆三角のポーズなどでグラグラ」

とヨガの先輩先生もおっしゃってました。

私も関節がゆるく感じグラグラしてしまうポーズです。

関節弛緩性チェックというのをやったら

全部当てはまってしまいました(汗)。

要注意です。

バレエやヨガをやっているのでより柔軟性が

増しているということと全く運動していない人に

比べれば筋力が少しはあることは幸いです。

それにしてもバレエではやはりほかの人より疲れる

(年のせいもあるけど)のは戻すのも筋力がいるので

疲れるのだと先生に言われ

ヨガでは「ほぐし」をしてしまうとバランスが取れなくなって

しまうのでほぐしは適当に抜いて特に股関節のほぐしは

やらないようにしています。

それでもポーズを複数やってほぐれてしまうと

最後のバランスポーズがとてもきついです。

筋力をつけなくては。特に私の課題は腸腰筋。

腸腰筋を鍛えると太りにくくなるそうですよ。

筋トレは苦手だけどヨガを教えているのに

柔軟ばかりではいけません。

最近はちょっときつめの筋トレも入れるようにしていますよ。



では、また~












関連記事

コメント

非公開コメント

そうですか、戻るのにも力を使うから2倍疲れるのですね。
私は戻るのには、全く力が要りません。
ばねのように自動的も戻りますから。
でも、代わりにキープの間は、
ある程度筋力を使う必要があります。
どちらかなんですね。

Re: タイトルなし

あき先生 コメントありがとうございます。
ぐらつかなくばねのように戻れるのはうらやましいです。
私の目標でもあります!

最近筋トレをし始めたらこの間のヨガレッスン
三角のひねりのポーズで小指側に手をつくことができました!
今まで倒れそうでつけなかったのに。
やっぱり筋力は大事ですね。