2017/12/23

釣った魚でコミュニケーション

クリスマス前ですけど

もうこの年になってくるとクリスマスを飛ばして

年越し準備に忙しい。
P_20171223_151233.jpg
餅を朝から7升を15時までかかってつき終えて

これから冷凍するために小分けするのも一仕事。

その前に一息つくためブログを書いてます。


昨日は息子が釣りで釣れた魚を持ってきました。
1513936503734.jpg
かます1匹と海たなご40匹。

行った仲間の一人は家の人に「魚は持って帰ってこなくていい」

と言われたそうな。確かにさばくのは厄介です。


海たなごはもっと小さいのかと思いきや

中途半端な手のひらサイズ。

でも息子が手伝ってくれました。

というか私に「手伝ってくれる?」という感じ。

私がバレエのレッスンでいない間に来たので

出刃包丁を含め4丁の包丁も研いでおいてくれて

準備万端整っていました。

よかった~。バレエでへとへとで

正直私はさばきたくな~いと思っていたので。

ずいぶんと大人になったな~。ってもう三十路ですからね。

親はいつまでも子供と思っているけど。

そのくらい当たり前かもしれません。


下準備しながら久々に親子の会話。
P_20171222_193827.jpg
魚は唐揚げに。写真はこれで半分の量の20匹。

冬至なのでかぼちゃを煮て。

P_20171222_200057.jpg
この黒いのは鹿肉。いただきもの。

牛肉のようにホロホロほぐれて

臭みはあまりなく。

鉄分が多く低カロリーらしい。

レバーが苦手な私だけどレバーよりおいしい。



自然の恵みといただきものとで

忙しい年末だけど束の間のにぎやかな食卓。

夕飯を食べ終えると「今度は大みそかに帰ってくる」

と3連休なのに息子はさっさと帰っていきました。


では、また~







関連記事

コメント

非公開コメント

7升ということは餅つき機で7回ということでしょうか?
それは大変でしたね。
できあがったらビニールに入れて
平らにのしてから、そのまま冷凍するのでしょうか?
うちは固まって、小さく切ってから
ビニールに入れて冷凍しますが、
乾燥してひび割れてしまい、
焼いても周りが固くて美味しくないです。

Re: タイトルなし

Re: タイトルなし

あき先生、コメントありがとうございます。
はい。餅つき機で7回つきました。
1升でビニール袋1袋が丁度いいです。
餅用の袋は5枚入りで足りない分は
5キロ用の米袋を利用。

袋に入れた状態でのして広げて冷まします。
冷めたら硬くならないように重ねて
上にバスタオルとかかけて保温?したまま
翌日朝切ります。
ビニールに入れなかったときは当日切った年もありましたよ。
切るときはビニールに入れたまま切ります。
ビニールははがさず5個くらいずつまとめてさらにビニールかラップでくるんで冷凍します。
まだ柔らかいうちに冷凍するのがポイントです。
すぐ焼けるし焼いても柔らかくひび割れもなく焼けますよ。
焼く時も分厚い鉄鍋(鉄のフライパンかすき焼き鍋や無水鍋など)
などでふたをきっちり閉めて焼くと周りがカチカチにならずに焼けます。

な~るほど、コツがあるんですね。
餅用の袋が売ってるなんて知りませんでした。
焼くのも鉄鍋が良いんですね、
いつもオーブントースターでした。
フライパンでもよさそうですね。
教えてくださってありがとうございます。
保存が難しくて、今年は買ってしまいましたが、
次は試してみます。


Re: タイトルなし

あき先生、コメントありがとうございます。
餅用の袋はホームセンターにありました。
ちゃんと袋にラインが印刷されているので切るのに楽です。

餅を焼く場合オーブントースターはあまりおすすめしません。
分厚い鉄鍋でふたをしてじっくり焼くのが一番おいしいです。

ぜひ今度試してみてくださいね。