2018/02/26

接触不良だったスイッチ?

昨日私の中で突然スイッチが入って。


それは夕飯の支度をしながらフィギュアスケートの

エキシビションを背中で聞いていた時の事。


大トリをつとめた羽生君の「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」

(バレエで「瀕死の白鳥」)がかかったとたん

私にスイッチが入った。


「あ~、この曲を最後に踊りたかったわ~」


今年の夏にあるバレエの発表会。

出ないと決めたばかりだけど。




揺れる気持ち。

今ならまだ間に合うかも。

思い切って出ることにしようか・・・。




傾きかけた気持ち・・・・・・



それも今朝になると

どうも接触不良のスイッチのようで

またOFFに。

ほんの一瞬でしたね。



「瀕死の白鳥」はバリエーションクラスでレッスンとして

踊ればいいさ。


またいつかスイッチがONになってタイミングがあえば

舞台もいいかも??



でも今はスキルアップしたいのです(ヨガ)。



では、また~



関連記事

コメント

非公開コメント

優先順位が変わったのでしょうか。
追い求めるものが全く変わらない人もいますが。
マイブームという言葉が一般的になるほどうつろいやすいのが気持ちなんでしょうね。
本を読み返すと以前とは違う点が見えてきたり、受け止め方が変わったりします。
密かな応援は続けさせていただきます。
どうぞこれからも自分を信じて邁進してくださいね。

Re: タイトルなし

mkkさんコメントありがとうございます。
何十年も気持ちを保ち続けるほうが難しいかな?
体も変化するし。
今やるべきことがある思って。

かなわない夢はこのくらいで。
永遠に満足はないのでね。


わかります。
私も突然、スイッチがはいるときがあります。
でも、すぐにOFFに。

何をするのも続けるって大変なことですね。

ますます大変になりました。
年齢を理由にはしたくないけど・・・

Re: タイトルなし

もりんさん、コメントありがとうございます。

そうですね。
年齢を理由にはしたくありませんね。
私の場合、やるべきこと、この先やっていきたいこと
を考えるうちに変化してきたのかもしれません。
自分の気持ちに素直に従っておこうと思っています。