2018/05/05

二度あることはやっぱり三度あるんだな~

義母のガラケーが壊れました。

携帯ショップに一緒に来ています。
P_20180505_100610.jpg
二番乗りではあったものの今日はスキスキ。

ゴールデンウィーク中の穴場かな?

義母の持ち物が今月1か月の間に三度壊れました。



いや、壊しました。



一度目は眼鏡。椅子においたのを忘れ座ってしまう。

二度目は車。庭の石にうっかりぶつけてしまう。

そして今日は携帯。三度あったからもうないかな?

と言っていたけれど・・・・・・。

物を壊すたびに私の手(足)を必要とします。

もう、一人では対処できない年齢(お店の人の話しが

補聴器を付けているのに聞き取れない)。

やれやれ。


もうこれで何事も起こらなければ

いいのだけれど・・・・・・・。



では、また~




関連記事

コメント

非公開コメント

ぴいさん、お疲れ様です。

うまく言えませんが、失礼な言い方になったら
ごめんなさい。
お義母様は
やはり、今後はますますぴいさんを
頼ることが多くなるでしょうね。

自分で自分のことを処理できることが
「暮らす」ことの大前提ですよね。

私の母が生きているとき、100%私を頼っていました。
きちんとした日本語で、会話もできて挨拶も丁寧にするから
誰もが、母は暮らしに支障はないと思っているようでした。

でも違うのです。様々なことは、結局、同居の私が世話をしていました。
そうなっていくのですね。

ぴいさん、お疲れ様。
自然の流れ「老い」が少しずつ、お義母様に訪れているのでしょうね。

Re: タイトルなし

もりんさん、コメントありがとうございます。

確かに頼られる回数は増えることはあっても
少なくなることはないですね。

なるべく出来ることは手を貸さずにやってもらってます。
「やって欲しいと頼むのも大変(気を遣うということでしょう)」
と言いますが結構わがままだと思うこともあります。
結局別に暮らす娘より頼りは嫁である私なんですよね。
実家の母は自立しているとはいえ二人とも年はあまり変わらず。
先の事は考えません。
「今」出来ることをするだけ。なるようになるでしょう。