2018/07/07

要支援が身近になりつつある

1人暮らしの母、85歳。

お向かいの奥さんに「最近娘さんが

よく訪ねてこられるわね」と言われたそう。

「年を取ってきたから私を頼ることが多くなった

という証拠だね」と笑って話していました。
P_20170423_105854.jpg
そんなことがあってすぐのこと。

膝が腫れて曲がらなくなったというので病院へ。

「変形性膝関節症」。
P_20170930_131622.jpg
膝の水を抜いてもらって少し楽になったものの

注射・リハビリに週一で5回は通わなければならず

もちろん私は付き添い。

病院から帰ったその日に家で花瓶の水を

替えようとしたらよろけて肘をドアにぶつけ

3cmほど切れてドアノブに脇腹もぶつけたと言います。

今まで二階まで布団を干しに上がっていたくらい

元気だった母だったのですけど・・・・・・・。


そして同居している義母のほうも84歳。

車の運転がそろそろ怖くなりこちらも私が

足になる機会が増えてきて。

平日の用事+近所のお付き合い(田舎

なのでお寺関係の行事なども多く)

等々、今まで義母に任せていたことも

私に回ってくるように。

今までより確実に私の時間が削られて

支援の必要が増えてきました。
a1620_000264.jpg
(画像:写真素材 足成より)

母は「膝が良くなれば元のようになる」と言うけれど

高齢なだけに無理はできないだろうと思っています。
a1320_000149.jpg
(画像:写真素材 足成より)



では、また~


関連記事

コメント

非公開コメント