2019/03/22

ポーズに左右差がある時

ヨガの時右、左、同じようにポーズをしても

どちらか一方がやりにくい時。

歪みが考えられます。

歪みがあると支える力や踏ん張る(足を根付かせる)力も

どちらかが入りにくかったりします。

そんな時は歪みを修正すると同じように

ポーズをとることができます。

先日のレッスンでのこと。

体側を伸ばすポーズ(パールシュヴァ・コーナ・アーサナ

を行った時、片方がやりにくかった方が

いらっしゃいました。

仰向け状態になっていただくと骨盤の開きの左右差が

ありました。

数日前から腰痛もあったそうです。

左右差を修正する方法を10回ほど行うと

歪みが取れてポーズも左右同じようにできました。

違和感もなくなったということでした。


歪みを整えれば腰痛も改善されます。


10回程度の事で体が整います。

違和感を感じた時、(修正法はいろいろありますが)

覚えておいていただいて

活用していただきたいと思います。


では、また~




関連記事

コメント

非公開コメント