2019/04/15

手作りスマホケース

手帳タイプのスマホケースを使ってましたが

かなりくたびれておまけに気に入ってなかった

こともありだいぶ前から作りたいと思っていました。

構想を練ること半年ほど。

最初は手帳タイプで合皮で作ろうと思い

生地まで買ったのにいまいち気乗りがしなく

ほったらかし。

そのうちゼンタングルにはまりだして

ますます気乗りがしなくなってましたが

先週から急にやる気が出て。

でも手帳タイプはやっぱりいまいち

やる気が起きない。

そこで一番簡単そうな作り方に挑戦。

ケースに布を張るだけ。

でももう少しオリジナリティーなものにしたいので

ゼンタングルを描いて刺繍しました。

以下は手順です。

1)ケースよりも2cmくらい多めに生地をカット。

ケースは透明がおすすめ(接着剤を塗る際の

塗りむらをチェックしやすいので)。
P_20190414_155749.jpg
2)ゼンタングルを刺繍。真ん中の白い花はダイソーの

手芸コーナーにあった「クラフトデコ」という紙でできた花。

ところどころネイル用のラインストーンをボンドで張り付けてます。
P_20190415_090641.jpg
3)ボンドを薄めたものを用意して

ボンドをまんべんなく塗って刺繍がはみ出ないように

ケースを置いて押さえます。

私は少しゆるくしすぎたのでここで布の表側からも

ボンドを塗ってしまいました。(ゆるくなければ最後の

工程で表面から塗ればOKです。)
P_20190415_105347.jpg
4)表面が塗れたら四隅を洗濯ばさみで押さえて

完全に乾かします。ドライヤーを使ってもOK。

完全に乾いたらサイドも同じように塗って乾かします。

ピンと張るように引っ張ってまた洗濯ばさみで押さえて

乾かします。
P_20190415_110829.jpg
5)乾いたらサイドの余分な布をハサミや

デザインナイフを使ってカット。

カメラなどの部分をデザインナイフ等でカット。

iPhoneなら穴が一個で楽でしょうね。

しっかりボンドがついているので切りっぱなしでもほつれません。
P_20190415_173941.jpg
6)完成
P_20190415_174953.jpg

乾燥させる時間が結構かかりますが

半日くらいで出来上がりました。

では、また~


関連記事

コメント

非公開コメント