2019/09/01

手すりですが・・・

義母が夜中にトイレに起きて寝ぼけまなこで

ふらつくため部屋の前につけた手すり。

この間掴んでみたらちょうどいい高さ。




バレエのバーに・・・。
P_20190901_111925.jpg

15年くらい前ならば家でもバーレッスンをやったかも???

今ではバーレッスンなどする意欲はなく・・・・・・



私もそのうち使うときが来るのでしょう。

もちろんバーレッスンとしてではなくね。


では、また~






P_20190901_202908.jpg
P_20190901_171029.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

手すりの使い方の変遷で思い出しました。
妊婦のとき足元が見えず階段で危ない思いをしたと聞いて、すぐに手すりをつけるようにその方のご主人に強く話しました、やがて、生まれた子供が使い、病に倒れたお姑さんが使いと、エジプトの杖のなぞなぞを思い浮かべました。

Re: タイトルなし

makkさん、コメントありがとうございます。

なるほど、手すりにも歴史、ですね~。

家は階段には手すりは付けていないので
子供が小さいときはどうやって上り下りしてたのか・・・
這っていたような気がします。

実家のほうも85歳でやっと手すりを付けました。
それまで二階に布団を干しに上がっていたくらいですが
さすがにもう危なくて。

我が家もそのうち私達用に手すりを付けなくてはいけなくなるかもしれませんが
昇降機で鍛えて手すりのお世話にならないように頑張りたいです。