2020/07/04

墓じまい

親戚(夫の従姉)から墓じまいをするという電話がありました。

実家の両親とも亡くなって家を解体するにあたり敷地内

にあるお墓を墓じまいするとのこと。

一旦は改葬して、自分が守れなくなったら

永代供養するつもりといいます。

改葬するにもお墓は風化してかろうじて天保という年代が

読めるような土葬だったころ(家にもあるある!)の遺骨もあって

それは改めて火葬をしないといけないという話や

実家の片づけや解体など

とにかく大変だと話していました。

家も実家もいずれそうなるのだろうなと思います。


私は一人っ子。息子も一人っ子。

しかも息子は結婚しないつもりだそうだから

家の裏にある墓も守る人はいずれいなくなるわけで。



従姉は実母が亡くなる前から「墓じまいしていい」と

話があったそうです。


その話を聞いてから私も実家の母にそれとなく話をしたけれど

話は広がらず。

永代供養はされたくないという感じを受けました。

希望はそうであっても実際問題希望通りには難しい。



義母は「これからはお墓なんかいらない」と言いました。

けれど昨年親戚でちょっと変わった納骨をしただけで

散々文句を言っていたんじゃなかった?・・・・・・・。


これからの事を考えると散骨なり樹木葬なりも

希望があるなら生きている間に希望を伝えて

先祖の永代供養は自分の代で手続きするべきなのでしょうかね~? 

子供には負担を掛けたくないし。


まだ先と思っていた終活、そろそろ

小さな暮らしを考えなくては? でも先の事考えるの苦手なんですよね(笑)。



では、また~





スマホケース2作目。

これは何とか使えそうで無駄にならず良かった~。
P_20200703_164517.jpg





関連記事

コメント

非公開コメント