2020/01/31

普段使わない

ヨガの後、皆さん肩回りがほぐれて

手が上げやすくなったとか、肩の前側が

開いた感じがすると言います。

「普段は肩より上にあげることって

殆どないもんね~」と。

なるほど、上のほうを掃除したり

高い物を取る時ぐらいしか確かに

あげませんよね。

電車通勤とかなら吊革につかまったりするけど・・・・・・。



私はバレエをやったりヨガをやったりしているので

しょっちゅう当たり前のように使っているけれど

それでも最近右の肩回りが硬くなっています。

動かさなかったらそれこそがちがち、ではないでしょうか?

70代後半のシニアヨガの教室の方でも

肩回りをほぐした後に背中に上下で手をつなぐと

ほぐす前と後では全く違います。

つなげるようになるかたもいます。

冬場は特に寒くて縮こまりがちなので

意識的に動かしたいですね。

では、また~



P_20200131_173924.jpg
パールにするつもりがパチンコの玉みたいに・・・・・・
手も動かさないと曲線が描けません
2019/12/27

慌ただしい年末_太陽礼拝108回チャレンジ・・・出来れば

太陽礼拝をワンセット、少なくとも一週間に4回は行って1年。

自分の体の変化は少なからず。

代謝が上がり体脂肪・内臓脂肪も減り

体幹にも効果。

体組成計のデータでも変化が。



年末恒例イベントとしてあちこちのヨガスタジオで

108回太陽礼拝のチャレンジが行われます。

108回というのは言わずもがな

煩悩の数。

回数を重ねることで瞑想効果もあります。

心身共にリセット!

一度チャレンジしたことがあります。

何とも言えない達成感と爽快感。

またチャンスがあればぜひチャレンジしたい!


なにも108回にこだわらなくても

いつもよりも多めにやるだけでも

身心の爽快感が感じられます。


お正月明けに多めにやるだけでも

ごちそうを食べ過ぎた体をリセットできますよ。


では、また~

2019/06/21

身体と向き合う

体の不調を訴える方が多いこの時期。

義母も風邪をひいて3日ほど寝込んでいます。

私もまためまいが復活してしまいました。


昨日のヨガは風邪をひいている方でお休みだったり

でお二人でした。一人はレギュラーの方でもう一人は

スポットで参加の方。

お二人とも腰痛だったので腰痛にポイントを絞った

ヨガにしました。

一つのポーズを長くとってじっくりと体と向き合って

いただく陰ヨガをやりました。

体を解放して凝り固まった部分を

ほぐすように呼吸を送り届ける意識で体を内観。

レギュラーの方は終わった後で

「痛かったところが途中から痛くなくなって

あれ?? と思うくらい。楽になりました」

長いポーズをとることで左右差も

解消されやすくなります。



私自身も普段忙しくしていてじっくり

自分の体と向き合えていないので

週末は体との対話「体の声」を聞かなくては。


*    *    *
「描くヨガ」と言われるゼンタングル。

「Taiga」というパターンです。
P_20190615_142501.jpg
なんだかだまし絵のようで

描いているうちに混乱してきますが・・・。
P_20190615_142501-01.jpg
拡大してみると巨大な建物の中に入り込んだような

錯覚に陥ります。

黒く塗った部分から星空が見えそうな・・・・。

実家の母にそう言って見せたら

「全然そんな風に見えない」

と言われてしまいました~。


では、また~

2019/03/22

ポーズに左右差がある時

ヨガの時右、左、同じようにポーズをしても

どちらか一方がやりにくい時。

歪みが考えられます。

歪みがあると支える力や踏ん張る(足を根付かせる)力も

どちらかが入りにくかったりします。

そんな時は歪みを修正すると同じように

ポーズをとることができます。

先日のレッスンでのこと。

体側を伸ばすポーズ(パールシュヴァ・コーナ・アーサナ

を行った時、片方がやりにくかった方が

いらっしゃいました。

仰向け状態になっていただくと骨盤の開きの左右差が

ありました。

数日前から腰痛もあったそうです。

左右差を修正する方法を10回ほど行うと

歪みが取れてポーズも左右同じようにできました。

違和感もなくなったということでした。


歪みを整えれば腰痛も改善されます。


10回程度の事で体が整います。

違和感を感じた時、(修正法はいろいろありますが)

覚えておいていただいて

活用していただきたいと思います。


では、また~




2019/01/08

インナーマッスル

バレエの後のヨガ教室。

バレエは年明け今日がはじめなので

体が疲れて足がつりました。

インストラクターが足がつってはシャレにならない。
P_20190107_191128.jpg
昨日お隣からいただいたすいか。

沖縄から送られてきたそうです。


ミネラル補給にちょうどいいですね。




今日はシニアクラス。

だんだん年齢を重ねるにつれ

元気な人とそうでない人の差が大きくなります。


痛いところが膝だったり腰だったり痛みがない人のほうが

少ないくらい。

普段運動をしていても筋力は衰えてきますが

心がけて運動していないと・・・・・・・・。




教室は2階なんですけど3階分くらいの高さがあります。

毎回皆さんフーフー言いながら登ってきて辛そうです。




そこで今日はインナーマッスルである腸腰筋を使える

ようにトレーニングを行いました。

腸腰筋が使えるようになると足も軽くなり

膝が上がるようになります。

足腰にかかる負担も減って腰痛やひざ痛にも効果的。


最初に立った状態で膝を出来るだけ胸に近づけるように

上げてもらい足の上がり具合をチェックしてみました。


80代の方もいらっしゃるので足は

せいぜい90度かもう少し上くらい。


トレーニングは片足20回ほどの足の曲げ伸ばしを

壁を使ってお尻を上げた状態で行うもの。

出来る場合は逆逆立ちの状態で曲げ伸ばし。

この後再度足上げをチェックしたら見事に

皆さん最初よりあがるようになりました。

膝が痛かった人も痛みが治ったと言います。

脚もとても軽くなってお腹から足で歩いている

感覚があると言います。

大正解! 説明ではあえて言わなかったことを

身をもって感じていただけました!



左右各20回ほどでこれだけの効果。

効果抜群。

あとは継続あるのみ!

時間があれば毎日やってみてくださいね!

といつも言うのですが一番これが難しい。

シニアクラスは一時間のヨガ。

呼吸法や足指運動などを毎回入れているので

これを毎回入れてしまうと他のことがあまり

出来ないんだけど・・・・・・

でも覚えていただくまでは毎回いれてみようかしらね~。


では、また~